瞳

 

今や「カラコンなしでは生きていけない!」という人もいるほどカラコンのシェアは拡大しています。

しかしカラコンには様々な色があるので、どれにしようか?自分に合う色はどれか?一番可愛く見えるのはどれか?など…特にカラコンビギナーは迷ってしまいますよね。

今回はカラコンの色ごとの印象の違いをご紹介しますので、自分好みのカラーを見つけてみてください。

ブラウン系はナチュラルで優しい目元に

カラコンの定番と言える「ブラウン」は、やはり人気も一番高いですね。

日本人特有の細い目や切れ長の目でも、ナチュラルな丸みを帯びた優しい目元にしてくれます。

最近はブラウンヘアーの方が多いですが、ヘアカラーと合わせて明るめのブラウン系のカラコンをチョイスすると失敗はないでしょう。また黒髪の方でも暗めのブラウンにすれば違和感なく仕上がりますよ。

男性からの評判も良いブラウン系のカラコンですが、その魅力はやはりナチュラルで優しい印象が強く、癒し効果があるからと言えます。始めてカラコンを買うなら、日本人の顔にもなじみやすいブラウン系なら間違いなさそうですね。

グレー系の瞳はクールな印象が強くなります

グレーの瞳はクールな印象が強くなります。

気が強くて冷たそうに見られがちなので、初対面ではあまり良い印象を与えることができないかもしれませんが、実際の性格とのギャップをアピールする時には効果的なカラーと言えるでしょう。

また明るめのグレー系の瞳にすることで、肌の色が外人特有の「色素が薄い肌」になるので、ハーフ顔になれるというメリットもあります。

ブルー系はガラッと印象が変わります

ハーフ顔と言えばブルー系のカラコンも外せません。しかしグレー系に比べてガラッと印象が変わるので、普段とは違う印象にしたい時や、イメチェンしたい気分の時、コスプレをする時には便利でしょう。

やはりブルーの瞳には金髪がよく合いますし、季節的には開放的な夏がピッタリなので、リゾート地に出かけた時に付けてみるのもおすすめですよ。

普段使いにしたいというなら、ブルー系でも何色かブレンドされているタイプや模様が入っているタイプを選ぶとナチュラルな感じになります。

グリーン系は北欧系の顔に

ブラウン系や黒系のカラコンに飽きた方におすすめなのがグリーン系です。こちらもハーフ顔になれるカラコンですが、どちらかというと北欧系の顔に憧れているという方におすすめのカラーでしょう。

もともと日本人の瞳にはありえないカラーなので、自然な感じにしたいなら、グリーンが強いタイプよりもブラウンが混ざったヘーゼルナッツグリーンや、グラデーションがかったタイプが良いですね。

パープル系は日本人の顔にしっくりきます

意外と日本人の顔にしっくりくるのがパープル系のカラコンで、黒髪でもブラウンヘアーでも不自然な印象無く付けることができます。

個性的なカラーではありますが、日本人の肌の色には馴染みやすく、モデルさんやミュージシャンには愛用率が高いですね。

しかし「親しみやすい」という雰囲気ではなく、近付きにくい「高嶺の花」というイメージが強いので、男性受けを狙うなら向いていないカラーと言えるでしょう。

ピンク系は女性らしさがプラス

パープル系とは対照的に可愛らしくてふんわりした女性らしい雰囲気になります。

ガーリーなファッションがお好みの方にはピッタリで、ブラウン系とはまた違った女性らしさがプラスされるため男性受けはバッチリでしょう。

ピンクと言ってもあまりビビットなタイプだと浮いてしまうので、どんなヘアカラーにもメイクにも合うナチュラルピンクにすればモテ顔に仕上がりますよ。

カラコンでなりたい自分に変身!

いかがでしたでしょうか?

同じ顔でもカラコンの色によって全く印象が変わってきます。

ということはカラコンを使うことでなりたい自分になれるということでもありますよね。

普段から自分がなりたいイメージに合ったカラコンをチョイスすれば、気分的にも上がるでしょう。まだカラコンを試したことがないという方も、是非カラコン選びの参考にしてみてくださいね。