知識

カラコンを使ってみたいと思っていても、コンタクトを使用したことのない人にとっては分からない事が多いため購入時に悩む人は多いのではないでしょうか。

特に分かりにくいのがDIA・着色直径・BC。自分に合ったものを選ぶには、カラコンの基本的な知識を持っておくと良いでしょう。

DIA・着色直径・BCとは何か、またその他のカラコンの知識について一つ一つご紹介しますので、間違った注文で後悔しないためにも、しっかりと覚えておきましょう。

 

DIAはカラコンの直径を表す

 

DIAはコンタクトレンズ自体の直径を表します。13.5~14.5mmが一般的ですが、ほとんどのカラコンには選択肢がないため、注文時に選ぶ必要はないでしょう。

DIAはそれぞれのメーカー、シリーズによって違いがあり、場合によっては大きすぎて装着時に不快に感じる場合もあるため、自分に合った物を使う必要があります。

 

着色直径はカラコンの色がついている部分

 

着色直径とはカラコンの色がついている部分の直径の事。場合によっては着色部外径と言われる事もあり、瞳の大きさを左右する大切な情報です。

表示の着色直径は、レンズをつぶして計測している場合がほとんどですが、カーブさせたままの数値の場合もないとは言えません。

着色直径が大きければ大きいほど瞳を大きく見せる事ができるため、より大きく見せたい人は着色直径の大きなものを選ぶと効果的でしょう。逆に、ナチュラルさを求める人は自分の瞳の大きさとそれほど差がないレンズやメーカーを選ぶのがおすすめです。

レンズのサイズであるDIAよりも、カラコン装着後の印象に深い関わりがあるのが着色直径。どのように変化させたいかを考慮し、しっかりと確認してから選びましょう。

 

BCはレンズのカーブの度合い

 

BCはベースカーブと言われるレンズのカーブの度合いの事で、数値で表されます。カラコンをつける眼球は丸みがあるため、レンズもそれに合ったカーブがされている事が重要です。合っていなければしっかりとフィットせず、違和感があったりズレやすいため使用感が悪くなります。

カラコンにはいくつかのBCが扱われている事があるため、まずは自分に合ったBCを眼科で処方してもらう必要があるでしょう。また、一種類のBCで統一されているカラコンメーカーもあるため、メーカーによっては使用できない人もいると考えられます。

 

サンドイッチ製法とキャストモールド製法について

 

カラコンの製法に多く使われているサンドイッチ製法とキャストモールド製法。サンドイッチ製法は色素を2つのレンズで挟むように作る方法です。そのため多くの人が気になる色落ちの心配もなく目に直接色素がつかないため、安心して使用可能と言えるでしょう。

一方キャストモールド製法は、レンズに使用する素材自体に色素を混ぜ込む手法で、柔らかく薄く仕上げる事ができるため比較的使用感が良いと言われています。酸素の透過性も良いと言われているため、長時間の使用も目の負担になりにくいでしょう。

 

カラコンの含水率は馴染みやすさに影響

 

カラコンについての記述で登場する「含水率」はカラコンのレンズに含まれている水分の事です。含水率50%以上の高含水率のカラコンであれば酸素の透過率も良いため目にやさしいと言われ、馴染みやすいため違和感が出にくいでしょう。しかし、レンズが水分を含もうとするため、長時間使用していると逆に目が乾くと言うデメリットがあります。

一方、38%程度の低含水率のカラコンは、レンズが薄く長時間の使用でも乾燥しにくいのがメリット。ドライアイの人にとってはおすすめと言えるでしょう。ただし、酸素の透過率は低めのため、角膜に傷がつきやすいのがデメリットです。

 

カラコンの知識まとめ

 

カラコンはDIAやBCで使用感を、着色直径で瞳の大きさの変化を想像する事が可能です。また、製法による違いを知ったうえで購入すると安心とも言えるでしょう。

このような知識を得ておく事はカラコン購入時に失敗しないためにも必要でしょう。カラーやデザインだけでなく、使い心地や安心感も考慮して選びましょう。